リフォームで暮らしの安心を

リフォームを考える

 私たちが今住んでいる家をリフォームするとは、傷んでいるところを直して長持ちさせたり、住む人の生活の変化に合わせて便利にしたりと、大切な住宅に「より長く」「より快適」に住み続けるために行います。家というのは長く住み続けていると、老朽化によって様々な問題が生じてしまいます。雨漏りや壁のひび割れ、床タイルの破損、ドアの破損、水道の水漏れなど、老朽化によって生じる問題はこんなにもあるのです。特に実害を感じない場合でも、畳やカーペットの磨耗が激しい場合は見栄え上リフォームが必要です。また、シロアリによって徐々に進行する家屋内部の損傷などは、気付きにくいケースが多いものの、耐震強度の面からも非常に深刻な問題となります。時間の経過によって発生するこれらの問題を適切にリフォームしていくことは、快適な住まいを実現するためにも必要な条件なのです。

 小さなほころびに気付かずに放置しておいた結果、大規模なリフォームが必要になってしまった、というケースは結構あります。大きな問題に発展する前にメンテナンスをすることで、修繕費用や手間を極力抑えることができます。それに、後々増築や改装等のリフォームを行う場合にも余計な修繕費用が掛からずに済むので、お住まいのメンテナンスは定期的に行うようにしましょう。例えば、フローリングの床暖房部に小さな破損などがあった場合簡単に補修することができます。しかし、これが大きなひび割れに発展するとやはり床暖房のプロに頼る必要にが出てきますので、リフォームが必要な部分を見つけた場合は、「まだ大丈夫だから」などと後回しにせず、後々のことも考えて早目に対策を行うよう注意しましょう。住まいというのは長く住み続けていれば必ず修繕が必要になるものです。特に不満を感じていない場合でも、10年に一度くらいはお家の総点検をしてみてはいかがでしょうか。

自分に合ったリフォームを

 リフォームは、ユーザーそれぞれが住まいに対する様々な不満や不安を解消し、居住性を高めていくための一つの方法です。その目的となるリフォームのきっかけや動機は人によって様々なため、それによってリフォーム工事の内容や進め方が異なるのも当然のことです。リフォームのきっかけを整理してみると、

などが挙げられ、こうしたきっかけをもとに、「設備や仕上げを新しくしたい」「今の住まい方にあった間取りにしたい」「耐震性や断熱性などの性能を高めて長く住み続けられる住宅にしたい」など、様々なリフォームのニーズが芽生えてくるのです。一口に「リフォーム」といっても修繕、設備更新、間取り変更、増築、性能向上などその目的や内容は様々で、内容によって関連する業者の構成や設計・工事の役割も様々なものとなります。ただし、リフォーム工事の発意段階では、ユーザーにも知識や情報が少ない場合もあり、なかなか自分の条件にあったリフォームをイメージすることが難しいといえます。「どんなことができるの?」「いくらくらいかかるの?」「誰に相談すればいいの?」と、様々な疑問が浮かんでは悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。そのため、リフォームする際は事前に情報を集めその家のどこを修繕したいのか自身のニーズと照らし合わせながら、あなた向けのリフォームを探しだしましょう。

EOG受託滅菌

リフォーム工事の分類

 リフォームの工事を大きく分けると、増築、改築、改装、修繕等に分けられます。増築は住まいの床面積を増やす工事、改築は床面積はそのままに間取りなどを変更する工事、改装は内外装の模様替え、修繕等は、設備機器の修理や雨漏りなどの修繕工事を行います。設備のメンテナンスだけで済む場合はエアコンであれば高圧洗浄のエアコンクリーニングが入るだけということもあります。住み手の要望や建物の状況などによって、適切な工事が必要となります。

Favorite

パワーストーン ブレスレットの【眞石や】
http://www.manaishiya.com/
出産祝いならベルビーべべ
http://bv-baby.jp/
アクリルケースの販売
http://tomeido.com/

Copyright (C) 2008 暮らし快適リフォーム. All Rights Reserved.